ここでは画像素材を使う際に、ちょっと便利なツールやサイトを取り上げています。

素材と一緒に使うと、ぐんと表現の幅が広がるかもしれません。

Gimp

http://www.gimp.org/

Photoshopと似たような機能を持つ、無料のグラフィック編集・加工ソフトです。

画像をリサイズ、トリミングといった簡単な編集から色調補正、マスクやフィルターの利用といった高度な加工まで無料でできるのが驚きです。

公式サイトは日本語化されていませんが、有志による、日本語でのヘルプサイトもたくさんあります。

Inkscape

http://www.inkscape.org/ja/

こちらは、Illustratorのように、ベクター画像を編集・加工できる無料ソフトです。

ベクター形式の画像は拡大しても荒れることがありませんが、編集するには対応したソフトが必要になります。Illustratorのように高価なソフトを利用しなくても、無料ソフトである程度の加工が可能です。

PIXLR editor

http://pixlr.com/editor/

ソフトをダウンロードせずに、ブラウザ上で動作する画像編集サイトです。

簡易版Photoshopといった使い勝手で、リサイズ、トリミング、色調補正など一通りのことができます。

http://book.geocities.jp/gardeniainslumber/

画像の切り抜きに特化した、コンパクトな無料ツールです。画像の任意の場所を好きな形で切り抜くことができます。背景からオブジェクトを切り抜くといった操作も簡単なので、切り抜きに慣れてない人が、切り抜きだけを行いたいという場合におすすめです。

Google画像検索

http://images.google.com/

インターネット上の画像を指定して、あるいはローカル保存した画像をアップロードして、ネット上に類似の画像がないか検索できます。

手持ちの画像に似た画像を探したいときや、逆に、広告に使おうと思っているのと似た画像を競合が使っていないかチェックしたいときに、補助的に使ってみてはどうでしょうか。

Chromeではデフォルトで、Firefoxでは拡張機能をダウンロードすることで、右クリックから画像検索を行うことも可能です。

詳しくは
https://support.google.com/websearch/answer/1325808