原則として、作品(ここでは写真やイラスト)には著作権が存在し、自分が作成したのではない作品を自由に使うことはできません。けれど、インターネット上で公開されて作品には一定の条件と範囲内で、第三者による利用が許可されているものも数多くあります。

利用許諾

“素材サイト”の多くでは、独自の利用許諾を定めています。画像素材を使用する前に、かならず目を通しましょう。利用許諾を読んでも使用していいのか判断できない場合は、その素材の使用をあきらめるか、サイト運営者に直接問い合わせるといった行動を選択しましょう。

多くの利用許諾では以下の点を禁止しています(追加料金で許可される場合もあります)

  • 画像素材を自作だと主張すること
  • 画像素材を再配布すること
  • アダルト・風俗関連で使用すること
  • 人物が写っている素材で、あたかもその人物の言動であるような使用をすること(健康食品の体験談に、人物の写真素材を使うことなどをイメージしてください。またSNSで自分のアイコンに利用することもこれに該当する場合があります)

※有料素材では、設定された金額を支払わない限り、すべての利用が禁じられていると考えた方が安全です。
※上記は代表的な例です。利用前に、かならず個別の利用許諾を確認する癖をつけましょう。

クリエイティブ・コモンズ

「この条件を守れば、自由に作品を使っていいですよ」という作者の意思表示です。
利用許諾との違いは、作者が個別に許諾内容を考えているのではなく、クリエイティブ・コモンズの運営組織が条件を設定している点です。条件にはいくつかの段階があり、作者が選択することができます。世界共通の条件なので、個別の使用許諾を確認しなくても利用できる点が使用者にとってのメリットです。また、条件内の利用であれば、金銭的な対価は発生しません。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスによって利用が許可されている場合、以下のような表示が作品の近くにあるはずです。
※この例は「原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、かつ元の作品を改変しないことを主な条件に、営利目的での利用(転載、コピー、共有)が行える」ことを示しています。

by-nd

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス詳細

http://creativecommons.jp/licenses/

パブリックドメイン

なんらかの理由で作品の著作権が消失しており、自由に利用できる状態です。著作権には保護期間が設定されているので、この期間を過ぎた作品などがパブリックドメインに該当します。たとえば、江戸時代に描かれた浮世絵の絵柄はパブリックドメインですので、模写したりパロディしたりするのは自由です。しかし、“浮世絵を写した写真”には、写真を撮った人の著作権が発生する場合があるので注意してください。